ザイグルとザイグルシンプルの違い

どこが違う!?従来のザイグルと新作のザイグルシンプルの違いを徹底比較

 

赤外線無煙ロースターとして最早、不動の人気を得ているザイグルですが通常のザイグルと新作のザイグルシンプルの2種類ありますね。名前こそ違えどどちらも煙は少ないし、食材をふっくらと焼き上げて美味しく調理する事が出来ます。『じゃあ、それなら新作なんか出さなくても良いじゃないか!』という声も聞こえてきそうですが、どこが違っているのか細かく徹底比較をしていきたいと思います。

 

 

 

基本的な使い方や電気代が大きく変わったという事はありません。あえていうのであれば、重さが軽くなったのと本体の大きさがスリムになったのが大きい所ですね。
では、ドコが変わったのか分析しましたので是非参考にして下さい。

 

ザイグルとザイグルシンプルの違い

上部のフード部分に温度調整ノブが移動

見た目どおりに分かると思いますが、従来のザイグルとは調整ノブが変わっておりザイグルシンプルはフード部分に調節ノブが付いているので少し小さいテーブルの時も
邪魔にならずに利用する事が出来ます。

 

本体の真ん中にある柱がザイグルシンプルから無くなっている

従来のザイグルにあった真ん中の柱がまるごと無くなっています。その代わりザイグルシンプルでは吊り上げ方式になっているので中心部分のスペースも使える様になっています。柱の部分があると無いとではかなりスペースに違いが出てきますね。

 

下部のフード部分が省かれている。

今まで、下のフード部分がある為に、テーブルのかなりのスペースを占領していましたがそのデメリットになっていた部分がすっかり解消されていますね。しかも、フードが
丸かったので収納に困るという声もあったのですが、一気に省いたので本体の軽量化と収納を一気に効率化できていますね。


ホーム 公式サイト 楽天市場 アマゾン ヤフーショップ 公式ブログ